愛の屈辱 KISSと海賊(2)

愛の屈辱 KISSと海賊(2)
  • 著者五百香ノエル榎本
  • 発売日2007年9月27日(木)
  • 定価857円(税抜)
  • ISBN978-4-7767-9383-0
  • 判型新書判
  • カテゴリー文芸


『愛の屈辱 KISSと海賊(2)』の内容
海賊王子アリの後宮での暮らしに慣れたルビーローズは、艶かしさを増しながらも精彩を欠いてゆく。
周囲にうちとけ、海賊王国で徐々に重要されるようになっていくルビーローズと、それに苛立つアリ。
力ずくで自分を奪ったアリに、いつの間にか心まで囚われてしまったルビーローズは、従者の少年ムーリを連れて後宮を抜け出し街に潜むが、そこでは叛乱の目が・・・。
【お詫び】
『愛の屈辱 KISSと海賊2』のP146におきまして、9行目の文章が正しい位置より10文字ほど下がって印刷されてしまいました。
文章に抜けや欠けはありませんので、小説の内容に影響はございませんが、見苦しい誌面になりまして、たいへん失礼いたしました。
五百香ノエル先生および読者の皆様に、ご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。
今後、このようなことがないよう一層努めてまいります。
P146差換え用PDFファイル(78.6KB)

『KISSと海賊』関連作品

海賊王国の永遠 KISSと海賊(4)

愛の嵐 KISSと海賊(3)

海賊王子の虜囚 KISSと海賊(1)


五百香ノエル先生のその他の作品

接吻のナイフ

海賊王国の永遠 KISSと海賊(4)

愛の嵐 KISSと海賊(3)

海賊王子の虜囚 KISSと海賊(1)

ヒューマン・レプリカ