伯爵の情熱は海をこえて

伯爵の情熱は海をこえて

『伯爵の情熱は海をこえて』の内容
1880年ロンドン。社交界は、アメリカからやって来た新サクシー伯爵の噂で持ちきりだった。
恐ろしくハンサムで大金持ち、野蛮人そのもののカウボーイ。
レディ・ブライスをはじめとする結婚前の令嬢たちは、彼の情報を求めて、10年前までテキサスに住んでいたレイヴンリー伯爵家のローレンのもとに押しかけてきた。
ちょうどそのとき、話題の主、新伯爵トマス・ウォーナーは恩人であるレイヴンリー伯爵を訪ねてきた。
ローレンとトム、ふたりはかつてテキサスで愛を誓った仲だった。10年前、ローレンの母の再婚によって、大西洋を隔てて離れ離れとなった幼い恋。
今はただテキサスにもどることだけを夢見るローレンと、爵位を得たゆえにイギリスにとどまるしかないトム。
大人になったふたりのあいだに、甘く切ない恋の時間がふたたび流れはじめた……。
2006年RT賞英国ヒストリカル部門受賞作

ロレイン・ヒース先生のその他の作品

気高きレディの初恋


関連サイト

関連サイトバナー