放蕩貴族の恋の賭け

放蕩貴族の恋の賭け

『放蕩貴族の恋の賭け』の内容
1863年夏。グランビー伯爵は放蕩者の名にふさわしい日々を過ごしていた。
女性を情事の相手としか見ていない彼は、田舎まで追いかけてきた未亡人から逃れるべく、レースで見かけた優秀なサラブレッドの厩舎を訪れることにした。
その途中、すばらしい雄馬を駆けさせてきたキャサリンにぶつかりそうになった。
勝ち気で情熱的な彼女にひと目で惹かれたグランビーは、謝罪のキスを強いた─キャサリンにとっては生まれて初めてのキスを─。
社交界も結婚もいやがり、馬と暮らす生活を楽しんでいるキャサリンは、彼に惹かれながらも二度と自分に触れさせまいとする。
いっぽう望みの馬を手に入れ、さらにはキャサリンにも触れたいグランビー。
ふたりの駆け引きはやがて危険な方向へと進みはじめた─。
大好評『恋に落ちた放蕩貴族』に続く第2弾登場。

パトリシア・ワデル先生のその他の作品

恋におちた放蕩貴族


関連サイト

関連サイトバナー