信長の庶子 二 信正、初陣

信長の庶子 二 信正、初陣

『信長の庶子 二 信正、初陣』の内容
時は戦国。織田信長の長子、信正。通称帯刀。
『狐』と呼ばれる母 直子から産まれ、家を継げない
運命の彼だったが、かわいい弟妹たちと仲良くすること、
何より日本の戦乱が早く終わることを望んでいた。

京に上り、天下に号令をかける覇王として君臨する。
しかし、成り上がりの織田に従わない名門朝倉義景を
討つことになり・・・!!

歴史から消えた幻の長男×存在したはずの
未来が交差する、戦国IFエンタメの決定版!

壬生一郎先生のその他の作品

信長の庶子 三 織田家の逆襲

信長の庶子 一 清洲同盟と狐の子