愛は花の迷路をぬけて

愛は花の迷路をぬけて

『愛は花の迷路をぬけて』の内容
身寄りをなくしたリネッタは、遺言を頼りにパリへ向かう道中、男に絡まれたところをダールストン侯爵に救われる。彼と別れ目当ての住所へ辿り着くと、そこは高級娼婦ブランシュの館だった。彼女はリネッタにも高級娼婦になるよう説得するが、無垢な彼女は困惑する。そんな時、パリで侯爵に再会して…。

尾方琳先生のその他の作品

愛は鐘の音に乗って

レッスンinラブ あぶない誘惑

花陰に愛は満ちて―シークと愛のダイヤ―

憎しみもなにもかも

〈シークと愛のダイヤ〉青き星影の誓い