最後に恋をひとつまみ

最後に恋をひとつまみ

『最後に恋をひとつまみ』の内容
「こんなの私らしくない!」
…それは恋のサイン。
4つの珠玉の短編集!!

常連客の彼は
初恋のヒトに、似て非なる男

身長高いし声は低い。胸もちょっと…いや、かなり控えめ。
初対面だとほぼ男に間違われる私を
いきなり「お嬢さん」呼ばわりした男、
それが三神亮。
有名レストランのプロデュース会社社長の彼は
連れの女性にスープをぶっかけられたチャラいヤツ。

なのにヤツの「美味しい」の一言が嬉しいのは
料理人として…だけじゃないみたい!?



若林美樹先生のその他の作品

不機嫌な王子と陽だまりの姫

古城の姫に騎士のキスを

こわれた初恋の治し方

天使の取りぶん 家政婦・鈴木花の純情

女王さまの条件