シークと銀の翼の天使

シークと銀の翼の天使

『シークと銀の翼の天使』の内容
運命に導かれるあたたかい愛―――

危篤の義母を救いたいリリヤは、義母の実の息子であるシーク・カリムに会いに行く。
見舞って欲しいリリヤの願いに対する彼の返答は「ベッドを共にし、私を一晩中楽しませるならば考える」という挑発的なものだった―――。
傷を負った心が擦れ違いながらも触れ合い、やがて二人の心は重なりはじめるのだが・・・・・・!?

小越なつえ先生のその他の作品

蜂蜜ボスは秘書に甘いキスをする

億万長者と不屈の女神

伯爵令嬢は冷たい執事に片想い

愛してるなんて絶対言わない/愛してるなんて認めてあげない