黄昏にほほを寄せて

黄昏にほほを寄せて

『黄昏にほほを寄せて』の内容
「おとぎ話なら さしずめわたしはならず者役だ」


ミステリアスな実業家との恋物語(おとぎ話)は
一筋縄ではいかなくて――!?

変わり者で知られるハサウェイ家の三女、ポピー。
彼女が豪華ホテルの“隠し部屋”で出会ったのは
謎めいたホテルのオーナー、ハリー・ラトレッジ。
突然のアプローチに戸惑いつつも、
彼を信じたいと結婚を決める。

――しかし、ラトレッジが元恋人・マイケルとの
仲を引き裂いた張本人だということが判明し…!?

長谷川潤先生のその他の作品

一年契約の花嫁

偽りの令嬢と公爵の憂鬱


関連サイト

関連サイトバナー