あやかし水恋花 〜水神さまに零れる愛の蜜〜

あやかし水恋花 〜水神さまに零れる愛の蜜〜

『あやかし水恋花 〜水神さまに零れる愛の蜜〜』の内容
「千年を経てやっと巡り会った
お前は玄武(オレ)の半身――…」

亡くなった父が「大事にするように」と遺した池の端の祠。
天涯孤独となり祠の水神さまを守りながら生きてきたあやめは
ある日、白蛇に池の底へと連れ去られる。
池の底で出会ったのは、あやめを運命の半身だと言う、
水を司る玄武神わだつみ。
水神さまから繰り返し囁かれる愛の言葉と甘い愛撫に、あやめは――?
ドラマティックな異種間・溺愛ストーリー

霜月星良先生のその他の作品

秘め恋契り ご当主様の許嫁

俺様・策士ダーリン 双子の甘い罠

幼なじみと蜜愛プロポーズ

大僧正の愛玩ペット

ご当主さまと秘密のひととき