死神パパの幼な妻

死神パパの幼な妻

『死神パパの幼な妻』の内容
病弱だった聖は
親に見放された施設で暮らしていた。
ある夜、息が苦しくてもがき目を覚ますと
ベッドの足元には死神が・・・!!
このままでは死んでも死にきれないと、
聖は死神と約束する。

「二十歳には絶世の美女となって、
死神の花嫁になる」と――――

蒼田カヤ先生のその他の作品

精神科医の夫に初夜から7日間、溺愛診療されました