『なんでも評点 世界のありえな〜い100選』(ミッキー大槻/編)

「116歳男性、長寿の秘訣は童貞の死守と語る」など、3000万ヒットの大人気サイトから世界各地の仰天珍ニュースを厳選紹介!!


『なんでも評点 世界のありえな〜い100選』(ミッキー大槻/編)
『なんでも評点 世界のありえな〜い100選』
ミッキー大槻/編
2008年2月1日(金)発売
定価1,260円(税込)
ISBN978-4-7767-9444-8
アマゾン『なんでも評点 世界のありえな〜い100選』をアマゾンで購入する
セブンネットショッピング『なんでも評点 世界のありえな〜い100選』をセブンネットショッピングで購入する

『なんでも評点 世界のありえな〜い100選』内容紹介

「貧乏遺伝子が存在している!?」
「男性用貞操帯が欧州で密かなブーム!?」
「文字通り頭が空っぽの男!?」
「処女のみ採用している工場!?」
「おしっこで雪崩から生還!?」

これらの文章を読んで「何かの冗談?」「エイプリルフール用のネタ?」などと思われた方は、平均的な日本のニュースしか見ていないと思われます。これらは全て現実に世界各国で起き、報道された出来事なのです。そんな日本で普通に暮らしていては絶対に知ることの出来ない奇妙珍妙なニュースばかりを集めたのが、本書『なんでも評点 世界のありえな〜い100選』なのです。

著者であるミッキー大槻氏の運営する本書と同名のサイトは、開設以来3000万ヒット(携帯ユーザーも含めると5000万ヒットを超えるかも)を超える人気サイトです。そこでは日々日本人の常識とはかけ離れた海外のニュースが取り上げられ、多くの読者の興味を惹き続けています。

そんな人気サイトの中から、厳選された100本の記事を収録したのが本書です。読んだ人間の好奇心を刺激するだけでなく、知ったら人につい話したくなってしまう記事ばかりを集めました。10章に分かれた本書はどこから読んでも楽しめるよう構成されています。通勤通学のお共に、お風呂のお供に、トイレのお供に、お薦めの一冊です。

ページのTOPへ


『なんでも評点 世界のありえな〜い100選』著者・ミッキー大槻の紹介

著者近影

ミッキー大槻

1960年代の大阪生まれ。早稲田大学政経学部中退。過去20年近くの間、お堅い分野の色気のない翻訳とライティングを本業とする。だが、人間心理の矛盾、矛盾しているがゆえの可笑しさ、錯覚、勘違い、思い込みなどに関心があったことから2004年にサイト「なんでも評点」を開始。コンピューターの前に張り付く日々を過ごしているが、その昔はアフリカ南部を中心に命がけ(?)の日々を送っていたことも。大酒飲みにして運動中毒。

ページのTOPへ


特別コラム

第4回 『100選』は白・黒・グレー・ピンクの4系統に色分けできる ― 最も受けるのは、どの色?

『世界のありえな〜い100選』を読んだ人から、ときどき感想を聞かせてもらえるようになってきました。『世界のありえな〜い100選』は、万人受けしそうな話を最初の方に集めてあります。「第1章 感動と驚き」、「第2章 不思議」、「第4章 奇跡」の3つがそうです。・・・続きを読む

ページのTOPへ


『なんでも評点 世界のありえな〜い100選』試し読み

本書には様々な“ありえな〜い”出来事が収録されています。
目次の中から選んだ10の出来事から本書のありえなさの一端を紹介します!!

  • (1) 今まさに引き金を引こうとしている人差し指を一刀両断にし、剣で銃に勝った男
  • (2) “超人”は実在する ― 現時点で100人の存在を医学的に確認、うち1人は心臓疾患が自然治癒し生後5ヶ月で十字懸垂
  • (3) 気温が5度を超すと死んでしまう男性、15年間も冷蔵庫暮らし
  • (4) 頭の中がほとんど空洞化、脳がわずかしか存在しないのに44歳まで普通に暮らしてきた男性
  • (5) 列車さえも止められるという降龍十八掌を試すために線路に飛び降りた17歳少年
  • (6) 透明人間になる薬を体中に塗布して自信満々の男、いとも簡単に撃たれて死す
  • (7) 「世界を救うことを宿命付けられたドラゴン、それが僕の真の姿」と言い残し、短剣2本を携えて家出した少年
  • (8) 植物状態4年目の息子に母が自分の睡眠導入薬を与えると意識回復 ― その驚くべき副作用の臨床試験が進む
  • (9) 処女でないと採用しない工場に3500人もの娘たちが働いている
  • (10) 独房の壁に空けられた9センチの穴を通じて妊娠

この中から(9)の一部を公開!! 是非読んでみて下さい!!

ページのTOPへ